2020年05月18日

5/18 今日は何の日?

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日5月18日は、5(こ)1(と)8(ば)、518で言葉の日です。
今朝テレビで知りました(笑)
言葉に関することといえば「補聴器」。
ということで、
補聴器メーカーのホームページを見ていたら、面白いものがあったのでご紹介します。
それがこちら↓
オンライン聞こえのチェック
当店でも取り扱いのあるWIDEX-ワイデックス-のホームページで、
簡単な聞こえのチェックがオンラインでできます。

簡単なアンケートに数字(英語)の聞き取り、高音の聞き取りがあり、5分くらいでできます。

当店では社長が認定補聴器技能者という資格を持っています。
(私は資格取得に向け勉強中)

・聞き返すことが多くなった。
・テレビの音量が大きい。
・電話が聞き取りづらい

など、
自分自身では気づいていないことも多いので、
ご家族の方などがそうなっていないか?や、
歳のせいだからとあきらめずに一度ご相談ください。

音や言葉が聞き取りづらくなるというのは、
耳から入る情報が少なくなるということ。
その結果、他人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、
関わりを避けるようになります。
社会的な交流が減り、精神的にも影響を与え、認知機能にも影響を与えるといわれています。

難聴は認知症の発症要因の一つなのです。

放っておかずにまずは話だけでも、気軽に相談しに来てください。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 18:03| 補聴器

2020年05月17日

【フレーム紹介】Ptolemy48 E-050をピックアップ

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日はPtolemy48 E-050をピックアップ!
山形 東根 メガネ トレミー48
クラシックシェイプながらも、斬新なつくりになており、
メガネの聖地、鯖江の技術を惜しみなくつぎ込んだフレームになっています。

まずは、このE-050を・・・
山形 東根 メガネ トレミー48

細かく分解して見ていきましょう!
山形 東根 メガネ トレミー48
バラしてみると25のパーツに分かれました。
(レンズ止めねじを外し忘れているので写真は23個です)
普通のフレームはロー付け(溶接)している部分があり、
ここまで細かくバラせないので、
E-050はバラし甲斐がありますね(笑)


今回注目するのがこちら。
山形 東根 メガネ トレミー48
2.5o厚のシートチタンから作られたリムパーツの裏側、
ブリッジパーツとつながる部分です。

ブリッジ側には固定用のピンとネジ穴があります。
ピンとネジだけでも固定は可能なのですが、
パーツがはまる溝が作られていて、さらに安定感が増しています。


おそらく、プレス加工によるものと思いますが、
それにはまず金型作成が必要です。
金型も溝とブリッジパーツをサイズぴったりに作るために、
手作業での微調整を経て作られます。
この溝のためだけに、それも1回のプレス工程だけでは済まないのではないかと推測します。

ちょっとしたことですが、なかなかの技術と手間がかかっています。

なんだったら、ロー付けしてしまえば、
固定用のねじも穴開けも必要ないわけで、
工程数がぐっと減り簡単になります。
山形 東根 メガネ
例えばこんな感じ。
それを良しとしないこだわりが感じられます。

メイドインジャパン、メイドイン鯖江というだけでなく、
見えないこだわりが詰まっているほど、愛着もわきますよね!

他のこだわりポイントは次回ご紹介していきます。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:トレミー48
posted by メガネのタカハシ at 17:15| フレーム紹介

2020年05月04日

【まぶしさ&UVカット】お出かけにはサングラスを


こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

ここ数日、夏のような陽気で、
自粛の気分転換に散歩やジョギングをされている方をよく見かけます。
そんな時はぜひ、サングラスやメガネで眼の紫外線からの保護を意識してみてください。

また、メガネ、サングラスは眼の粘膜からの飛沫感染防止にも効果があります。
お出かけの時には積極的にかけていただきたいところです。

ただ、マスクがマナーともいえる今の状況で、
マスクに濃い色のサングラスだと顔が全くわからないですよね。
山形 東根 メガネ サングラス
お忍びの有名人みたい、もしくは不審者?
顔を見せたくない場合にはOKかもしれません。

通常、サングラスは大ぶり、レンズ濃いめを選びがちです。
日差しを避ける、まぶしさを抑える、という点で間違いではないのですが、
マスクとの相性はあまり良くないように思います。

そこで今サングラスをかけるならこんな感じがオススメです!
山形 東根 メガネ サングラス
小ぶり、明るい色、薄めのレンズカラー!
目元が透けて見えたほうが、表情も見えて印象がいいですよね。

着用したのは、
鼻当てのないサングラス「ちょこサン」
山形 東根 メガネ サングラス
ちょこサン FG24507 PK

選ぶときには、今までと違ったサイズ、色、濃さを意識してみてはいかがでしょうか?

気軽にご相談ください。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 15:54| フレーム紹介