2020年02月04日

MicedrawTokyo オススメフレーム紹介

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日はMicedrawTokyo-マイスドロートーキョー-のオススメフレームをご紹介します。

マイスドロートーキョーは創立12年。
前回のねずみ年にスタートしたことと、ことわざ「ネズミが塩を引く」という言葉がブランドの由来です。
ねずみ年である今年の「年メガネ」!
ちなみに私もねずみ年生まれ、今年36歳!
同じねずみ年生まれとしてマイスドロートーキョーは日頃から愛用しております!

そんなマイスドロートーキョーの中でも当店で人気なのは、
通常のものより少し薄い4mm厚のアセテート生地を使ったセルフレームのシリーズ。
テンプルにしなやかさのあるβチタンの芯金を使っており、
軽くて掛けやすいフレームです。
山形 東根 メガネ
JD-739 G59
2019年秋の展示会で発表された最新作。
レンズは小ぶりなタル型ですが、両サイドの部分が出っ張っているので意外とゆったり掛けられます。
近視度数が強い方や、オシャレな老眼鏡にもオススメ。

山形 東根 メガネ
JD-738 319B
こちらも2019年秋に発表の新作モデル。
今注目のクリアカラー。自然ですっきりとした色合いです。
お肌の色が明るくキレイに見えるステキなカラーです。

山形 東根 メガネ
JD-735 G116
こちらもクリアカラーですが、少し濃淡のある色合いになっています。
両サイドの上側に少しだけ厚みを持たせたフォックス調のデザインは、
お顔のイメージのリフトアップ効果があります。

山形 東根 メガネ
JD-733 G117
この中でもっともオーソドックスなシェイプ。
クリアが混じったブラックカラーで、普通すぎずちょっとしたオシャレ感があります。

限られた店舗でしか見ることの出来ないデザイナーズブランドです。
是非、実物を手にとって掛け比べてみてください。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:MicedrawTokyo
posted by メガネのタカハシ at 18:44| フレーム紹介

2020年01月13日

E-045のこだわりポイントを解説します!

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。
<おしらせ>
1/16(木)は都合によりお休みさせて頂きます。
1/15(水)の定休日と合わせて、二連休となります。
よろしくお願い致します。


前回はトレミー48 E-045の構造面のすごさをご紹介しましたが、
今回は引き続きE-045の装飾部分でのすごさをご紹介します!

こだわりのブロー部分!
山形 東根 メガネ トレミー48
ストーンメッキという特殊なカラーメッキがブロー部分にのみ施されています。
表面のボコボコ感が石のよう。
マットとは違った質感が独特の存在感、
ゴツゴツしててカッコいい。


さらにこのブロー部分にはもう一つ秘密があります。
ブロー上部に施された「江戸切子」モチーフのデザイン。
山形 東根 メガネ トレミー48
これは職人の手によって、一本づづ手作業で行われています。
ブロー部分を段落ちに加工し、レーザー刻印を入れる。
通常ものとは比較にならないくらい手間を掛けたフレームなのです!


うつむき加減でチラ見え。
山形 東根 メガネ トレミー48
デスクワークなどで真剣に仕事しながら、
チラリと隠れオシャレアピールできますね。

江戸=東京。つまり東京オリンピックイヤーの今年に相応しいフレーム。
是非、手に取って見てください。

ご来店お待ちしております。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:トレミー48
posted by メガネのタカハシ at 18:34| フレーム紹介

2020年01月10日

Ptolemy48 EMPEROR E-045 MADURO1月号掲載モデル

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

当店はMADURO1月号にPtolemy48ゴールドショップとして、
山形県で唯一掲載されています。

今日はMADURO1月号に掲載されていたフレームをご紹介します。
山形 東根 メガネ トレミー48
Ptolemy48 EMPEROR E-045

一枚のチタン材をカットして作られたブローリムを採用しています。
これだけの説明だと「どういうこと?」ってまずなりますよね。

例えばレイバンのクラブマスターなど
アセテートのブローパーツとレンズを納めるリムパーツが別々で組み合わさっているのが、
一般的なブローフレームです。
山形 東根 メガネ トレミー48
こんな感じでメタルのリムにセルのブローを取り付けたもの。
他にもブローのメタルパーツをリムにロー付け(溶接)したものもあります。

しかし、トレミー48はこの2つのパーツでできている部分を、
1枚のチタンを削り出して作ってしまったのです!

山形 東根 メガネ トレミー48
レンズを収める部分を内側から見ると、つなぎ目が有りません!
(写真ではわかりづらい!)
一体化することでより厚みを最適化し、軽く仕上がっています。
当然、別々に作るよりも、はるかに難しく手間のかかる造りですが、
そこに妥協することなく仕上げられた「こだわりフレーム」なのです。

こだわり、というだけあって他にも魅力が満載!
続きは次回ご紹介しますね!
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
posted by メガネのタカハシ at 18:54| フレーム紹介