2021年12月05日

マミューズm-8018をご紹介します。

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日はこちらのフレームをご紹介します。
山形 東根 メガネ
マミューズm-8018 NV

マミューズは昨年のメガネの展示会IOFTでメガネ大賞グランプリを受賞しております。
そのマミューズの今年の新作の一つがこちらのm-8018です!

ソフトなボストンシェイプは、クラシック感が強すぎないシェイプで手に取りやすい形です。
カラーはシャイニーゴールドとネイビーのバイカラー。

くすみ系のネイビーとツヤ感のあるゴールドのコントラストがきれいな仕上がりです。
スッキリとした大人っぽいデザインとこだわりのカラーがステキなフレームです。

ヨロイには彫金が、
山形 東根 メガネ

リム側面のミル打ちデザインが施されています。
山形 東根 メガネ

テンプルはβチタン芯に長モダン仕様です。
山形 東根 メガネ
クリアなセル生地にマット加工が施されており。
手触りも不思議としっとりとした感触です。

芯の無い先の部分は色がなくなるグラデーションになっている点もオシャレポイントです。

是非手に取ってみてください。

ちなみに同じ新作のm-8020もご紹介しようと思っていたら、さっそく売れてしまいました。
気になる方はお早めに!
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 16:06| フレーム紹介

2021年11月14日

Ptolemy48 トレミー48 VC-048

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日は数多い国産メガネの中でもこだわりが強く、
他ではあまりやらない技法など高い技術を要求するデザインと、
それを実現する鯖江の職人技で成り立っているトレミー48、
その中からVC-048をご紹介します。
山形 東根 メガネ

チタンブローパーツの内側が段落ち加工され、その中のカラーもグラデーションをかけています。
段落ちの縁部分のメタリックカラーが縁取りされたように見えます。
山形 東根 メガネ
山形 東根 メガネ
チタンパーツの段落ち加工だけでも高度な技術が必要なうえに、
段落ち部分には1枚1枚手作業でグラデーション加工を行っています。
手間を惜しまずに作られ、クラシックなイメージのブローフレームに斬新さを加えた他にはない仕上がりになっています。

テンプルには熟成されたセルロイドを使用しており、素材へのこだわりも感じられます。
このセルロイドテンプルは削りだしで作られており、芯を使っていません。
山形 東根 メガネ
フロント側、中心、耳に当たる先の部分で厚みを微妙に変えて削り出されており、素材のしなりを活かした造りになっています。
素材の弾力性とオリジナルの三連丁番を組み合わせ快適な掛け心地を作り上げています。

丸みのあるクラシックフレームが比較的増えてきましたが、
このVC-048は、シャープでとにかくかっこいい!フレームです。
こだわりが強く、斬新なデザインゆえに手に取りにくいフレームがトレミー48には多いですが、
掛けると印象が違うことも多いですので、是非、手に取って掛けてみてください!
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

タグ:トレミー48
posted by メガネのタカハシ at 17:43| フレーム紹介

2021年11月09日

LineArt ラインアートXL1621限定カラー

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

先日ご紹介したラインアートの取り扱い店舗限定カラーの続きです。
限定カラーはメンズ1型、レディース2型が発売となり、
先日はメンズのXL1815とレディースXL1604をご紹介しました。

最後の1型は、レディースのXL1621です!
山形 東根 メガネ ラインアート
カラーNV(ネイビー)

山形 東根 メガネ ラインアート
カラーWI(ワイン)

このXL1621は、ラインアート10周年記念モデルとして発表されたフレームです。
記念モデルということもあり、かなり手の込んだデザインとなっています。

テンプルはヴィヴァーチェシリーズを採用。
しかし、通常のヴィヴァーチェは、エクセレンスチタンとクリア系の樹脂パーツの組み合わせですが、
XL1621では樹脂パーツ部分の代わりに、透かし彫りデザインのβチタンシートを使用しています!
山形 東根 メガネ ラインアート
極薄のβチタンパネルをレーザーで加工し、花柄の透かし彫りを施しているのです。
とても繊細な技術ですね!

さらにチタンフロントにも同様の花柄がレリーフ加工されています。
山形 東根 メガネ ラインアート
平らなチタンシートから抜き出したフロントの耳側部分の一部にレリーフ加工。
華やかな表情のあるフレームに仕上がっています。

当初、カラーRE(レッド)のみでしたが、レギュラーカラーとしてBE(ベージュ)、BL(ブルー)が追加されています。
その上で、さらに今回の取り扱い限定カラーが追加となったラインアートシリーズの中でも珍しい経歴を持つ品番となっています。

小ネタですが、
ご紹介し取り扱い限定カラーフレームには、
デモレンズに【LimitedColor】と入っています。
山形 東根 メガネ ラインアート

是非実際に手に取って掛けてみてください。
ご来店お待ちしております。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:LineArt
posted by メガネのタカハシ at 17:38| フレーム紹介