2021年03月07日

ハイカーブフレームにはカーブ対応&そり角補正レンズを

こんいちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

ここ最近増えてきているのがハイカーブフレームの度付きレンズ交換です。
山形 東根 メガネ サングラス
これはオークリークロスレンジにレンズ交換した例です。
もともと度付きにレンズ交換し使用していたフレームが、
度が変わったとのことでお持ちいただきレンズ交換となりました。

ハイカーブフレームとは?
山形 東根 メガネ サングラス
写真の赤線がレンズのカーブ、左から8カーブ、6カーブ、4カーブ。
普通のメガネフレームは大体4カーブ以下。当然レンズもそのように設計されています。
この通常のレンズだと6カーブや8カーブフレームには合わず、
レンズがフレームに収まりません。
なのでハイカーブフレームにはカーブ対応のレンズを選ぶことが必須です!

今回使用したレンズは、カーブ指定対応のNIKON ビューフィット3。
ハイカーブに対応したレンズで、今回は6カーブでの作成です。

さらに、
ハイカーブフレームは通常のメガネと比べて、
レンズの顔に対しての傾きが大きくなります。

先ほどの写真の水色の線のように、上から見てレンズが顔に対して「くの字」に。
カーブが強いほど、くの字の角度がきつくなっていますね。
この角度を「そり角」といいます。

そり角が大きいと、度数や視線のズレなど、「見え具合」に影響が出るので、
そり角補正は重要です。(頂点間距離補正、前傾角補正があるとなお良し)

ハイカーブフレームのレンズを選ぶ際には、
少なくとも「カーブ指定対応」「そり角補正」の二つを気にしてレンズを選んでみてください。

ハイカーブフレームには特殊なものもあり、
すべてがレンズ交換可能というわけではありません。
フレームによってはお断りする場合もございますのでご了承ください。

山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 18:13| レンズ紹介