2022年09月09日

メガネのお手入れA

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日の内容は前回のメガネのお手入れ方法の続きです。

基本の水洗いで汚れが取れない場合などは、メガネ用のクリーナーを使用しましょう。

最近のクリーナーには除菌効果があるものも多いです。
除菌をしてより清潔になりますね。
クリーナーの使用方法は基本の水洗いの後に使ってもらえればOKです!

@水洗い
山形 東根 メガネ
最初からクリーナーはオススメしません。
最初に砂埃等を落としておかないと、クリーナーを使っても砂埃等がこすれて傷の原因になります
まずは傷の原因をなるべくしっかり水で流して取り除きましょう。

A水分をとる
山形 東根 メガネ
やさしく丁寧に。

Bクリーナー
山形 東根 メガネ
レンズやフレームにクリーナーを吹きかける。
レンズの表裏、フレームにも吹きかけましょう。

C指で全体に優しく広げる
山形 東根 メガネ
吹きかけるだけじゃなく、指で全体に広げることで、汚れを浮かせて落としやすくします。
レンズだけじゃなく、フレーム全体に広げましょう。
山形 東根 メガネ
特に鼻当て部分や耳に当たる部分は皮脂、化粧品、整髪料などで汚れやすく、傷みやすいです。
ここでも強くこするのはNGです。
※メガネのシャンプーの場合、この後泡を水で流し、A水分の拭き取り行い、Eの仕上げに。

Dクリーナーふき取り
山形 東根 メガネ
ティッシュなどでクリーナーを優しく拭き取ります。
Aの水分を取る時と同じです。

E仕上げ
山形 東根 メガネ
メガネ拭きで仕上げです。
最後まで優しく丁寧に。


汗や皮脂などはクリーナーを使用した方がきれいに落ちます。
また、整髪料や化粧品がよく付着しているという場合もクリーナーを使用して定期的にお手入れすることをお勧めします。

メガネなんて洗ったことないなんて方は、簡単ですので是非お手入れして、大事なメガネを長持ちさせましょう!
posted by メガネのタカハシ at 18:44| 日記