2020年05月24日

眼鏡のお直し

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日はこのような状態のメガネをお持ちいただきました。
山形 東根 メガネ
見ての通り鼻当て部分があらぬ方向を向いてしまっています。
他にもブリッジのねじれなど問題点多数。
話を伺うと、転んでケガをされ、メガネも一緒に曲がってしまったようです。
レンズもかなり傷が入っていますので、衝撃の程がうかがえます。
眼鏡は代理のご家族がお持ちいただきました。

データを確認すると、8年ほど使用されたフレーム。
直すには相当リスク高めな案件。
破損の可能性を十分にご説明し、
了承いただいてダメ元で直してみました・・・

あそこを押さえながらこうして・・・ここをこうして・・・と、
状態を観察しつつ、弱そうな部分に力が加わらないようになど直しの工程のイメージを作って、いざ実行!
山形 東根 メガネ
今回は何とかかけられるくらいの状態にまで直ってくれました!

とはいえ痛みがかなりあるため、
ケガの具合が落ち着いたら新調したいとおっしゃっていました。

曲がった眼鏡の直し、調整のリスクはゼロではありません。
力の加減、掛け方によって、調整と破損はいつだって紙一重です。
また、直ったとしても金属疲労などの傷みが出て、使用中に破損するリスクが残ります。

そのため、自己判断で無理に直そうとせずに、まずはそのまま状態を見せてください。
(変に直されていると力加減など判断を見誤る恐れがあります)
逆に勝手に諦めずに、一度お持ちください。
大事なメガネも今回の件のように直せる場合もありますので、
気軽にご相談ください。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 17:50| 日記

2020年05月19日

Ptolemy48 E-050をピックアップ その2

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。


前回に続き、Ptolemy48 E-050をピックアップ!

今回は表面。
山形 東根 メガネ
0.6oのβチタンシートのはまり込む部分の段落ち加工。
これがまた見事なつくりです。

組み込んだ時に、ほぼ段差ができないくらいきれいに作られた段落ち。
山形 東根 メガネ
凸っちゃうと見た目良くないし、引っかかったりするし、
凹っちゃうと耳側のヨロイパーツと干渉して、抑えが不十分になりそうなので、
段落ちの精度は意外と大事な部分。
当然、作っている時はメッキなんてしていないので、
メッキの厚みなんかも計算して金型を作ったりしているのを想像すると胸が熱くなりますね!

この部分のパーツは平ではなく若干カーブしています。
山形 東根 メガネ
このカーブもプレスで作っていると思うのですが、
段落ち加工後にカーブを付けると、縁の部分が曲がったりしないか?
カーブを付けた後に段落ち加工をするとしたら、なんだか難しそう!
とか、単にメガネとしてではなく、プロダクトとしての想像もはかどりますね!

他にもプレスで立体成型されたブリッジ、ヨロイパーツにもこだわりを感じることができます。
山形 東根 メガネ
ぜひ、ただ眼鏡をかけるだけでなく
作り手の高い技術と努力、苦労が感じとってみてください。

山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:トレミー48
posted by メガネのタカハシ at 16:22| フレーム紹介

2020年05月18日

5/18 今日は何の日?

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日5月18日は、5(こ)1(と)8(ば)、518で言葉の日です。
今朝テレビで知りました(笑)
言葉に関することといえば「補聴器」。
ということで、
補聴器メーカーのホームページを見ていたら、面白いものがあったのでご紹介します。
それがこちら↓
オンライン聞こえのチェック
当店でも取り扱いのあるWIDEX-ワイデックス-のホームページで、
簡単な聞こえのチェックがオンラインでできます。

簡単なアンケートに数字(英語)の聞き取り、高音の聞き取りがあり、5分くらいでできます。

当店では社長が認定補聴器技能者という資格を持っています。
(私は資格取得に向け勉強中)

・聞き返すことが多くなった。
・テレビの音量が大きい。
・電話が聞き取りづらい

など、
自分自身では気づいていないことも多いので、
ご家族の方などがそうなっていないか?や、
歳のせいだからとあきらめずに一度ご相談ください。

音や言葉が聞き取りづらくなるというのは、
耳から入る情報が少なくなるということ。
その結果、他人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、
関わりを避けるようになります。
社会的な交流が減り、精神的にも影響を与え、認知機能にも影響を与えるといわれています。

難聴は認知症の発症要因の一つなのです。

放っておかずにまずは話だけでも、気軽に相談しに来てください。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/

posted by メガネのタカハシ at 18:03| 補聴器