2020年01月28日

メガネを掛けた時の高さの話

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

早速ですがこちらをご覧ください。
山形 東根 メガネ
メガネがかなり下に来た状態。
オシャレなフレームもメガネがずり落ちてしまっては台無し。
しっかりと調整しなおして下がらないようにしましょう!
というのは、当たり前の話ですよね。

しかし、今全盛のクラシックタイプのフレームなどは、
ブリッジの幅が広いため、鼻に当たる部分も広めになってきます。
そうするとメガネを選ぶ段階、試着の時すでに、
しっかり鼻にのっているつもりでも、掛けた位置が下寄りになっていることがあります。
黒目から下の余白部分が余りに多いのでアンバランスな感じです。
それに気づかないと、
気になったフレームもイマイチしっくりきません!
そして、似合わないといって候補から外してしまうのはもったいないです!

メガネを選ぶ時は、是非自己判断だけでなく、
掛けた時の位置やバランス、調整できるかなどををスタッフに聞いてみて下さい。

クリングスタイプのものであれば、鼻当て位置を調整し、
鼻に当たる場所はほぼ変えずに、掛けたときの位置を持ち上げます。
するとこうなります。
山形 東根 メガネ

メガネの調整は掛け具合、度数が入った時の見え具合だけでなく、
見た目のバランスを整えるためにもとても重要なのです。

メガネが高すぎても締まりませんよ〜
山形 東根 メガネ
こんな時は逆に、少し下げてもらいましょう。

メガネのベストなポジションがどこか、是非気にしてみて下さい。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
posted by メガネのタカハシ at 17:30| 日記

2020年01月20日

曲がったメガネのお直し

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。

今日はなんだか飲み会で、そしてその帰りに転んでメガネを曲げてしまったー、
という方のメガネのお直しが多かったです(^_^;)
1月いっぱいはまだまだ新年会シーズンですので、
飲みすぎや、凍った路面での足元には十分気をつけましょう。
私も明後日、新年会なので気をつけます(*´∀`*)

曲がったメガネや壊れたメガネは諦めずに一度お持ち下さい。
その際は、下手にいじらずそのまま持ってきていただくほうがいいです。

曲がりの状態から、傷み具合を推測、どの程度修正できるかの目安にもなります。
自身で直してしまうと、なれない作業でご自身の手で壊してしまったり、
余計な部分に負担がかかり、修正中の破損のリスクが増したりします。

また、レンズが外れかかった状態になり、
それに引っ張られてフレームがゆがんでいるという場合もあります。
この場合レンズを入れなおせばゆがみのほとんどが治る時も。

餅は餅屋。メガネはメガネ屋です。
どこがどのように曲がっているかなど、状態を見極め、できる限りお直しします。
それでもダメな場合もありますのでご了承下さい。

今日のお直しの一例。
DSC_0511.JPG
DSC_0512.JPG
DSC_0515.JPG
フレームブリッジ曲がり、左ヨロイ大きく開きとねじれ、左ヨロイレンズ止め部分の根本曲がり、右ヨロイ上方向に曲がり。

かなり大きく曲がっていましたが、何とか修正できました。

メガネのことでお困りの時には、気軽にご相談下さい。
ご来店お待ちしております。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
posted by メガネのタカハシ at 17:59| 日記

2020年01月13日

E-045のこだわりポイントを解説します!

こんにちは
山形県東根市のメガネのタカハシです。
<おしらせ>
1/16(木)は都合によりお休みさせて頂きます。
1/15(水)の定休日と合わせて、二連休となります。
よろしくお願い致します。


前回はトレミー48 E-045の構造面のすごさをご紹介しましたが、
今回は引き続きE-045の装飾部分でのすごさをご紹介します!

こだわりのブロー部分!
山形 東根 メガネ トレミー48
ストーンメッキという特殊なカラーメッキがブロー部分にのみ施されています。
表面のボコボコ感が石のよう。
マットとは違った質感が独特の存在感、
ゴツゴツしててカッコいい。


さらにこのブロー部分にはもう一つ秘密があります。
ブロー上部に施された「江戸切子」モチーフのデザイン。
山形 東根 メガネ トレミー48
これは職人の手によって、一本づづ手作業で行われています。
ブロー部分を段落ちに加工し、レーザー刻印を入れる。
通常ものとは比較にならないくらい手間を掛けたフレームなのです!


うつむき加減でチラ見え。
山形 東根 メガネ トレミー48
デスクワークなどで真剣に仕事しながら、
チラリと隠れオシャレアピールできますね。

江戸=東京。つまり東京オリンピックイヤーの今年に相応しいフレーム。
是非、手に取って見てください。

ご来店お待ちしております。
山形 東根 メガネ
〒999-3711
山形県東根市中央4丁目2-17
TEL:0237-43-0555
Facebook:https://www.facebook.com/meganetakahashi/
Instagram:https://www.instagram.com/megane_takahash1/
タグ:トレミー48
posted by メガネのタカハシ at 18:34| フレーム紹介